LAVAの骨盤調整ヨガで太りにくい体になる?レッスン内容と効果について

最近太りやすくなったと感じたのがきっかけ

なんだか最近以前よりも食べていないというのに太りやすくなったのをずっと感じていました。
運動不足のせいなのかな・・・とは思っていましたが、たまたま美容院で読んでいた雑誌に掲載されていた骨盤の歪みに関する記事が目について、骨盤の歪みがまさに私の悩みの元凶なのかもしれないと強く思えるようになったんです。

 

そして骨盤の歪みを整えて体の不調を治すというところに惹かれ、さっそく掲載されていたLAVAに問い合わせをしてみました。

 

骨盤調整ヨガの内容とプラグラムの特徴

ヨガには興味はあったけれど、これまで一度もレッスンは受けたことがありません。
しかも体はかなり硬い方なので、こんな私でも受けられるのかと最初はかなり不安でした。
あちこちにあるスタジオの中から会社帰りにも休日にもどちらでも通える場所にあるスタジオを選んで体験レッスンを受けてみることにしたんです。

 

LAVAの骨盤調整ヨガでは骨盤を支える筋肉のバランスを整えることが目的ということで、腰痛対策やo脚の改善にも効果があり、内臓下垂を解消してお腹の引き締めにも効果的だということで、まさに私の悩み解消のためのプログラムだと感じました。

 

体が硬いことが気になって事前に相談したのですが、

  • 周りの人の事は一切気にせず自分に集中してレッスンを受ければよいこと
  • 人と比較する必要はなくあくまでも自分が心地よいと思えるポーズにとどめること

などを説明され、なんとなくほっとしました。

 

骨盤調整ヨガのレッスンを続けることで凝り固まった骨盤周りの筋肉がほぐれてバランスよく鍛えてゆけば、普段から骨盤の位置を意識して正しい姿勢をとれるようになるので、体の不調を整えるだけでなくいつの間にかスタイルもよくなっていることが期待できますと説明され、なんだか俄然やる気が出てきました。

 

骨盤調整ヨガのレッスンの流れ

レッスン内容とそれぞれのポーズについて

まずは体を動かしやすい服装でマットはスタジオのものを借りてレッスンに参加します。
タオルと飲み物を準備し、インストラクターの指示に合わせて呼吸と連動して様々なポーズをとってゆきます。

 

まず最初はマットの上にあぐらをかいて座り鼻から息を吸って吐く深呼吸を繰り返します。
次に息を吐きながら首を左右に曲げてから息を吸いながら右回しに頭を倒し、後ろに来たら息を吐きながら元の位置に戻るように回し、左側も同じように回します。
長座になって背筋を伸ばして座り、呼吸に連動して左右交互に足首を曲げたり伸ばしたりします。

 

そしてこんどは息を吐きながら足首を脚の付け根部分から外側と内側に交互に倒します。
さらに長座のままで足全体を脚の付け根部分から内回しと外回しを交互に行います。
そして足首も内側と外側に回しますが、この時に膝が動かないように手で押さえて行います。

 

続いて足裏同士を合わせて合せきのポーズを取り、足先を持って膝を上下に動かして足全体をはばたかせるようにパタパタと動かしてから、息を吐きながら背筋が曲がらない程度に上半身を前へと倒し、両手を絡ませて息を吐きながら背中を丸くしておへそを見るようにします。

 

次に長座になって右足を曲げて外側に開き、右ひざを内側に数回倒し、左足も同じように行います。
足を揃えて体育座りになり、ゆっくりと息を吐きながら背骨を首が最後になるように丸めておへそを覗き込むようにします。
その状態からゆっくり息を吸いながら背骨を徐々に反らせて頭を斜め上にあげます。

 

次にうつ伏せで両腕を前に出し足を片方ずつ付け根から上にあげ、同時に上半身も上げます。
ここまで行ったら一度チャイルドポーズで深呼吸しながら休みます。

 

次に立ち上がって両手を肩の位置で横に広げ、腰を右回り左回りに回します。
そして手を腰に沿えてひざを90度に曲げて持ち上げ膝頭で8の字を描くよう動かし、左右同じ動きをします。
基本姿勢で立って右足を後ろに引き足先を45度外側に向けて左ひざを曲げて前に踏み込んだら、両手をまっすぐに上にあげるウォーリア1のポーズを左右行います。

 

両足を揃えて立ち、後ろで腕を組みながら前屈し、肩甲骨をできるだけ中央に寄せて背中で組んだ手を上に持ち上げます。

 

四つん這いになって右足と左腕を上げ、反対側も同様に行います。
そこから再び四つん這いになりゆっくりと息を吐きながら背骨を丸めてゆき、肩甲骨を離すように力を入れておへそをのぞき込みます。
そこから今度はゆっくり息を吸いながら背骨を反らせて頭を斜め上にあげます。

 

ここで再度チャイルドポーズでお休みを入れます。
再び四つん這いから息を吐きつつ両足を後ろへ引いて背筋をまっすぐにしたプランクの状態から、手で床を強く押して体がくの字になるダウンドックで背筋を伸ばします。

 

基本姿勢で息を吸いながら両手を上に伸ばし、息を吐きながら体を前屈して手を床につき、背筋を床と並行にしてから両足を後ろへ引いてプランクのポーズを取り、再びダウンドックになってから片足ずつななめ後ろへと上げます。
そこから鳩のポーズで股関節を伸ばしチャイルドポーズで休みます。

 

仰向けになって自転車こぎ腹筋をしてから、両手で両膝を抱えて深呼吸し、再び仰向けになりひざを立ててお腹を天井に向けて持ち上げる太鼓橋のポーズ、両足を揃えて左右に倒すワニのポーズを行い、最後に仰向けになって全身の力を抜いて休みます。

 

レッスンの雰囲気や参加者、服装などなど

レッスンの参加する人は20代から50代くらいまで、幅広い年代の方がいました。
服装もかなりこだわっている人もいるし、専門のヨガウエアではない人もいます。

 

先生から言われるように周りの人をあまり気にせずに自分に集中して行うのがコツのようです。

 

LAVAの骨盤調整ヨガを受けてみた感想

骨盤調整ヨガはLAVAのレッスンの中では運動レベルは3に当たります。
ですので初心者にとっては結構きつく感じるかもしれません。

 

骨盤だけではなく肩甲骨周りや全身を動かすことで激しい動きではなくても驚くくらい汗をたっぷりとかけるので、水分補給はしっかりとするのがポイントです。

 

 

LAVA骨盤調整ヨガのまとめ

骨盤は特に女性にとってはセントラルキッチンのような役割だと例えられます。
普段デスクワークで運動不足の私にはややきつい印象を受けたのですが、体の内側から温まって汗が噴き出ると、本当にすっきりとして気持ちが良いです。

 

数回のレッスンだけでは見違えるほどの効果は見込めないまでも、呼吸と連動する動きをマスターして長く続けてゆくうちに正しい姿勢が身に付き、骨盤の歪みも矯正されて痩せやすい体になる効果が期待できるのだそうです。

 

普段あまり汗をかかない私ですが、骨盤矯正ヨガのレッスンを受けたことで、たっぷりと汗をかく爽快感を味わうことができました。

骨盤調整ヨガ
今ならキャンペーン実施中♪

>>ホットヨガLAVAの体験申込みはこちら
page top